映画的日乗

映画、食、人。西に東に。

「最期は笑顔で送ってあげる」、映画『みとりし』高崎翔太インタビュー(上) | アイデアニュース

「最期は笑顔で送ってあげる」、映画『みとりし』高崎翔太インタビュー(上) | アイデアニュース https://ideanews.jp/archives/78561

「ブレードランナー ファイナル・カット」監督リドリー・スコット at 109シネマズ箕面

www.cinra.net

 IMAXシアターで鑑賞。1982年の最初のヴァージョンしか観ておらず、その後何回か改変を経ている筈だが、さほどこの作品に入れ込んではいないのでその変遷は専門家のサイトを参照してもらう。

www.thecinema.jp

 入れ込んでいないのに何故箕面まで観に行ったのかというと、最近つくづくアメリカ映画と日本映画は20世紀までだったなという思いを抱いているからだ。フィルム信奉というより映画づくりのシステムがあの頃までがまだ何とかなっていた、と。「地獄の黙示録」と「太陽を盗んだ男」が1979年、「ツィゴイネルワイゼン」が1980年、「天国の門」が1981年、そしてこれがその翌年。「乱」は1985年か。深淵なる人間の闇の奥を描くことの狂気に憑かれた映画監督が創作出来た最後の時代だろう。

 2019年の今年の世界である「ブレードランナー」、ここに映るパンナムTDKも今はもう無い、流石に車はまだ空を飛んでいない、携帯電話は登場しない、などを論うのはお門違いだろう。ここにリドリー・スコットの「世界」がある、そのデザインセンスをのみ讃えたい。どこがファイナル・カットなのかマニアではないので良くわからなかったが、エンディングは初公開時と違ってたような。