映画的日乗

映画、食、人。西に東に。

「クローズド・ノート」監督・行定勲 at 東宝関西支社試写室。

母の再婚を機に、独り暮らしを始める香恵(沢尻エリカ)。その引っ越した先の家に一冊のノートが残されていた。折しも画家の石飛(伊勢谷友介)が香恵の勤務先に訪ねて来る。香恵は石飛に魅かれて行くが、ノートに書かれた日記を読み進むうち、そこに書かれた小学校の先生(竹内結子)の恋愛と自らの恋の行方が重ね合わさって行く…というお話し。極端とも思える理想主義的児童教育、お伽噺然とした万年筆屋、丁寧に現実的な所在地を消し(ロケ地は京都と思しき)、通り過ぎる人やクルマでさえ画面からカットしてしまう、ファンタジー100%の行定ワールド。世間的に勝ち気とされている沢尻のキャラクターがそのまま生かされているのが楽しい。贅沢なロケーション、豪華なセットが見物。