映画的日乗

映画、食、人。西に東に。

「の・ようなもの のようなもの」監督・杉山泰一 at 新宿ピカデリー

凡ての森田芳光作品を観ている身としてはこの映画のシーン、サウンド、キャラクターの出展が掌握できる。しかしそんなことも知らないお客が世の中の殆どな訳で、大松竹が低予算とはいえ製作参画・配給するというのは生前の森田芳光監督に稼がせてもらったという恩返しか。
落語会のスポンサーがどうしても聴きたい一席の為に奔走する、というモチーフは弱い。が、細部の楽しさで見せ切る。但しそれが楽しめるのは森田芳光ファンだけである。そういう意味では森田さんの人徳がなせる技、今時貴重な作品。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村