映画的日乗

映画、食、人。西に東に。

「追憶」監督・降旗康男 at TOHOシネマズ西宮OS

tsuioku.jp

ミスティック・リバー」('03)にインスパイアされたであろう事は想像に難くない脚本だが、今の時代にオリジナル作品で東宝封切りという貴重な試みに遇したく劇場に足を運ぶ。

その脚本(青島武+滝本智行)は奥行きのある構成でサスペンスミステリーとしてきちっと書かれている。これも想像だが、滝本氏が監督したかった企画なのかも知れない。

ベテラン降旗監督らしいどっしり落ち着いた文鎮のような「安心感」はあるものの、その分「今」であることは抜け落ちる。二人の女性の妊娠を巡る幸不幸が、そのはしゃぎっぷりと、正反対の取り乱しぶりの強調にそれを感じた。

真犯人は?というミステリーとしての愉しみもあるのでこれ以上のネタバレは書けないが、小栗旬、良かった。