映画的日乗

映画、食、人。西に東に。

「いのち・ぼうにふろう」監督・小林正樹 at シネ・ヌーヴォ

資料室 |東宝WEB SITE

1971年俳優座=東宝提携作品。

脚本は仲代達矢の奥さんだった隆巴、そのせいか前半は舞台調。のちに無名塾で実際に舞台化されている。今では考えられない素晴らしいオープンセット(美術:水谷浩)の深川亭なる「一見さんお断り」の居酒屋の中で物語は進行していく。仲代達矢の、所謂仲代達矢たる外連味、いつ刃を抜くのかと思ったら終ぞ抜かなかった勝新太郎

この深川亭の舞台から外に出て、これまで数限りない犯罪に手を染めてきた男たちが、見たこともない一人の娘を女郎屋から助け出す為に「命棒に振る」闘いが始まるあたりから映画が躍動する。右に左に、縦に横にと流れる無数の御用提灯の美しさ。

'71年といえば勝新大映が倒産、日活がロマンポルノに移行した年。日本映画が縮小へと向かう節目の時代に、これだけ見応えのあるお腹いっぱい映画を楽しめた最後の徒花のような映画。

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村