映画的日乗

映画、食、人。西に東に。

「タクシー運転手 約束は海を越えて」監督チャン・フン at 神戸国際松竹

klockworx-asia.com  1980年の韓国、光州事件の再現がモチーフ。それを元軍人のタクシー運転手とドイツ人ジャーナリスト(時代的には西ドイツということになる)の視点から描く。ジャーナリスト、ペーター(トーマス・クレッチマン)が秘密裏に撮った16ミリフィルムをいかにして国外に持ち出して韓国軍事政権の人権弾圧(というより虐殺)を世界に知らしめるか、というかつてのコスタ・ガブラス監督の作品を思わせる政治サスペンス、にひと捻り加えているのがミソ。ペーターを金目当てで光州に運ぶタクシー運転手、マンソプ(ソン・ガンホ)のキャラクター設定。徴兵され除隊後サウジアラビアにトラック運転手として出稼ぎに行き、妻を病気で亡くし、幼い娘が一人いる。陽気でポジティブだが当時の政治状況がそうさせるのか、権力には歯向かわない。この男とペーターの珍道中が前半、光州に入ってから一気に緊張感を高める演出が秀逸。何が素晴らしいって、1980年の韓国を再現する美術。ため息が出るよ全く。日本映画では出来ないんだよこれが!

 光州事件の再現も凄まじい。事実の認識としてあっても実態がここまでとは知らなかった。まさしく虐殺。二人が車の故障で光州からソウルに戻れないことになった夜、地元の運転手宅で過す楽しい宴が楽しそうであればあるほどその正反対の事態が起きることが脚本のセオリーとして読めてはしまうが、疾走感溢れるアクションには惚れ惚れする。そして彼等が善人であればあるほど悲劇を招くことも自明なのだが。

 エンディングでジャーナリストと運転手の逸話が実話であることを知る。良く出来ている脚本構成、いつもながら素晴らしいソン・ガンホ。映画の出来もさることながら、これだけきちんとした歴史検証映画をつくることが、日本では絶望的であることをどうしても彼岸の差として認識してしまう。佳作、お勧め。


INT for movie “A Taxi Driver”-Song Kangho, Yoo Haijin, Ryu Junyeol [Entertainment Weekly/2017.06.26]