映画的日乗

映画、食、人。西に東に。

「犬ヶ島」監督ウェス・アンダーソン at シネリーブル神戸

www.facebook.com  完全なるウェス・アンダーソンの世界、とでも形容したいストップ・アニメーション映画。キネマ旬報誌でどなたかが書いていたが、アンダーソンの「俺のニッポン」だ。原日本人は文化を時系列で捉えがちだが、そうではない者が時系列に関係なく映画や絵画の記憶をごちゃ混ぜにして提示するとこんなにも鮮やかなのかということを思い知る。勿論、アンダーソン監督のデザインセンスあってこそだが。

 日本語の声優の音声はiphoneで録ってスタジオに送ったそうで、ハリウッド製の大仰なCGアニメとは違う手作り感が随所に生かされている。そして黒澤明への限りない愛。「七人の侍」のテーマはそのまま使われているし、劇伴は全体的に早坂文雄&佐藤勝の本歌取りだ。疫病の犬たちを島に隔離する、というのはシリア難民の現状へのメタファーと見るのは、考え過ぎか。