映画的日乗

映画、食、人。西に東に。

「ワイルドライフ」監督ポール・ダノ at 恵比寿ガーデンシネマ

www.ifcfilms.com  俳優ポール・ダノ監督第1作。

1960年のモンタナ州、質素な秋の風景をフィックスを多用した落ち着いたキャメラでとらえる。14歳の少年ジョー(エド・オクセンボールド)はいつも口を半開きにして喜怒哀楽を見せない茫洋とした風情。まだ何になりたいのかわからない、とも言う。父親ジェリー(ジェイク・ギンレイホール )はゴルフ場で働いていて、愛する息子を伴ってグリーンの片づけなどをしているがクビになる。妻ジャネット(キャリー・マリガン)はそんな夫を慰め、励ます。この何も無さそうな田舎町に住む夫婦はどこか他の土地から移住して来たばかりで、やがてジェリーは割と職を転々としていることが分かる。ゴルフ場から復職の連絡があるがジェリーはプライドを傷つけられた、と断る。ここからこの男の軽い鬱のような症状が露わになり、なるほど職を転々として来た素因が見え、遂には山火事消火の時給1ドルの半ばボランティアに出奔してしまい、妻と子は置き去りにされる。夫がいなくなると妻ジャネットは女としての性が剥き出しになり、息子に最近の夫婦生活を愚痴ったり、平気で浮気をしたり。

 リチャード・フォードの小説が原作とあって、ゴルフ、山火事、壊れたテレビを見続ける、海のない土地の水泳コーチ、足の悪い退役軍人との情事、とアメリカ文学的な記号性が際立っていてリアリズムは放棄されている。息子ジョーにとっては殴る蹴るの暴力と同等くらいに心的に傷つけられているように見えるこの両親の在りようだが、彼は決して心情を爆発させず、グレず、恋にも目もくれず、むしろ夫婦の復縁を願ってやまないあたりは泣かせる。ええ子過ぎて、なんでこの夫婦からこの子がと思ってしまう。彼が写真館でアルバイトをし始めるあたりからエンディングは見えていたが予想通りだった。

 一人っ子家庭と、妻の浮気相手の四人がメインキャスト、アメリカ映画も大作以外は予算削減で段々日本映画化して来た。悪い映画ではないが、だからどうしたという感じ。