映画的日乗

映画、食、人。西に東に。

#STAYHOME 先週から今週にかけてDVDと配信でみた映画 vol.3

コブラ・ヴェルデ('87  ヴェルナー・ヘルツォーク監督)

www.imdb.com

コブラ・ヴェルデ [DVD]

コブラ・ヴェルデ [DVD]

  • 発売日: 2001/09/26
  • メディア: DVD
 

 ブックオフで入手。
傑作「フィッツカラルド」('82)の5年後か。同じ主役、スタッフもヘルツォーク組(撮影監督は違う)。ヘルツォーク、人力の沸点を見たい人。いつも圧の強いクラウス・キンスキーが奴隷の監視役からのし上がって王国の支配者にまで昇り詰める。「フィッツカラルド」の力技に比べるとややお疲れ。監督と主役の確執も沸点だったそう。

 

ROMA(2018  アルフォンゾ・キュアロン監督)

www.netflix.com革新的傑作。革新的だが家族の日常に微かに小津の香りが。神は細部に宿る。

撮影が完璧だと思ったら監督が兼任か。完全にコントロールしている。
あの大波に呑まれるシーン、どうやって撮ったんだろう。涙が出るほど美しい画。