映画的日乗

映画、食、人。西に東に。

「ゴジラ vs コング」監督アダム・ウィンガード at 東宝マーケティング関西営業所試写室

www.imdb.com  上映前に東宝宣伝部の方から「映画中盤以降のネタバレ禁止」のお達しが。

 映画が始まるといや確かにそれは公開前に言わない方が良いだろうという展開。しかし検索してみるとバレてますな。

 僕らの世代はキングコングといえば1976年のジョン・ギラーミン監督版がリアルタイム。ジェシカ・ラングに恋したのはコングだけではなく世界中の中坊の筈。

www.imdb.com

 そして対ゴジラということで言うと一度闘っている。1962年版。


www.youtube.com

 今回はこれのリターンマッチ、という訳では全くなく、レジェンダリーピクチャーズのコングシリーズと「キング・オブ・モンスターズ」(2019)の合体。

 前作で特攻隊のように死んで行った芹沢博士(渡辺謙)の息子として芹沢蓮(小栗旬)が登場する。この蓮がちょっとイマドキのマッド・サイエンティストで面白い。

 蓮の上司シモンズ(デミアン・ビチル)はエイペックスなる音楽ではなく何で儲けているのかよくわからん企業のトップ。

 彼は怪獣達の闘いのマウントを取ろうとしているが、この野望に気がついたエイペックス社の元従業員は自らが語り部となって情報を流す。この辺りは昨今のQアノン的陰謀論っぽい。それを信じた若者達(一人はオタク丸出し)は元従業員と合流してエイペックス社に潜入を試みる。

 一方、コングは地球上ではなく、深いトンネルで繋がった別の世界に生息していて、それを管理している学者と聾唖の娘がいて、聾唖の娘はコングと会話出来るらしい‥‥という展開。そんな中地上ではフロリダ辺りでゴジラが暴れ出す。

 試写室で観るような映画ではない。只管に怪獣バトルを大画面、大音量で楽しむ為の映画である。

 後半、決戦の舞台は香港が選ばれ、破壊し尽くされる。

 民主主義から大きく後退した香港、人民解放軍はパタパタと飛ぶヘリで「見てるだけ」状態。習近平体制をぶっ潰せるのはゴジラとコングを合わせた破壊力が必要、というメッセージと捉えるのは穿ち過ぎか。

 言いたいことはあるが公開前なのでここまで。IMAXで楽しむのがベストでしょう。

5月14日公開。