映画的日乗

映画、食、人。西に東に。

朗読の会「ことばことばことば」on しもきた空間リバティ

畏友、フジテレビアナウンサーの阿部知代さんの舞台。

奥山景布子作「星の子、鉄幹」は与謝野鉄幹を巡る四人の女の心中を綴る。

アナウンサーの朗読は淡々としていつつ言葉がはっきり聞き取れるのでイメージが浮かび易い事を知る。

終演後阿部さんにご挨拶。いつも近々一献と言い合いつつ、なかなか実現出来ない。