映画的日乗

映画、食、人。西に東に。

「17歳の瞳に映る世界」監督エリザ・ヒットマン at シネリーブル神戸

www.imdb.com 覚えにくい邦題だ。何でも「17歳」と付ければ客の食いつきが良いらしい。「ヒトラーの」と付けたがるのと同じで拍車のかかる日本の観客の知性の劣化に迎合しているのであろう、やれやれである。

 原題の"Never Rerely Sometimes Always"は映画中盤にその意味が分かるので観ていない人の為にここには真意を記さない。

 高校の文化祭か、そのルックから16ミリフィルム撮影だろうと推測できる。古めかしく見せる為の16ミリかなと想像する。高校生達の演目はプレスリーのものまね、'50年代風ボーイズコーラス、そして社会にプロテクトするフォークソング。舞台は1960年代のアメリカか、と思いきやGoogleが出て来てこれが現代の話なのだと気が付く。

 ヒットマン監督(凄い名前や)の観る者の浅い想像を裏切る鮮やかなオープニング、お主なかなかやるなと感嘆。そして1960年代かと見紛うペンシルバニア州のある田舎町のこれらの現状が、スカイラー(テイラー・ライダー)とオータム(シドニー・フラニガン)といういとこ同士であるヒロイン二人の精神と肉体を抑圧している、という鮮やかなメタファーとして迫って来る。

勝者映すカトリック票 激戦州ペンシルベニア左右―米大統領選:時事ドットコム

 妊娠中絶反対派の存在についてのこの記事は本作に描かれている土壌の一端を表している。

 避妊しない男(登場しない)、文化祭で下衆なヤジを飛ばす男、スカイラーとオータムのバイト先のセクハラ店長。女性監督が描く男性のステレオタイプ=バカでセックスの事しか考えていない、が羅列される点は特に新味がない。

 妊娠した事が判明したオータムは行動的なスカイラーと州内では堕胎できないので長距離バスに乗ってNYに出る。そこからの三日間が手持ちの16ミリキャメラで綴られる。

 大都会NYを彷徨う彼女達をスケッチ風に追い掛けたかと思うと、カウンセラーからオータムへの過去を問う尋問を延々とワンカットで押し切る力強さ。

 バスの中で彼女達をナンパして来る男と必要に迫られて再会、無一文になってしまった彼女達はスカイラーの一計でナンパ男を手なづけようとする。

 「真夜中のカーボーイ」('69)の現代ガールズ版かとも思ったが、彼女達はあの映画の二人よりタフだ。指先が触れ合う、二人の絆を示すカットは秀逸。

 宗教の抑圧とそれによる制度の法的な不平等により、男性は無罪で女性のみが背負わされる痛みに対する静かなる問題提起になっている。

 

 

 

 

 

 

「村上知彦コレクション」in 京都国際マンガミュージアム

京都国際マンガミュージアム

1970年代インターネット無き時代のサブカル羅針盤、夢見る自主映画製作青少年の必須アイテムだったプレイガイド・ジャーナル元編集長、村上知彦さんのコレクション。

  押し入れのダンボールから引っ張り出して来たかのようなミニコミ誌や、伝説の自主映画「暗くなるまで待てない!」の資料の数々。

f:id:Mitts:20210723084336j:plain

展示スペースが3階の奥、この廊下向かって右側の低い棚だけなので、展示物はぎゅうぎゅう詰め、折り重なって見えない部分も多々。

moviewalker.jpそれでも、まだ見たことのなかった撮影現場のモノクロ写真に胸がときめく。

1974年頃の神戸大学教養学部の正門あたりのその風景。

村上知彦さんは本作のプロデューサー。

  「暗くなるまで待てない!」の3年後、25歳の大森一樹監督は1978年に「オレンジロード急行」でメジャーデビューする。

www.shochiku.co.jp

 甲子園の球児ではなく、草野球のエースがいきなりプロで一軍デビューしたような事件に日本中の映画少年、青年の血が沸り、助監督苦節ン十年の末監督になれない、あるいはなれなかった映画屋の嫉妬の炎が舞い上がった日本映画史上歴史的な出来事だった。

 今振り返れば不振を極めた邦画メジャーがブロックブッキングに足をとられて何をやっても当たらない迷走の時代でもあった。

 小さなガラスケースの中の展示物は、自分の住む街神戸から生まれた夢と希望の詰まった映画の空気の缶詰のようだ。

  あの頃、学生が映画、文学、マンガ、音楽、芸術に知識を求め、権威と権力を嘲笑い、知性を高め思索することに意義があった。

 

f:id:Mitts:20210722143834j:plain

火の鳥が。知の巨人手塚治虫は知と思考が劣化した社会をどう思うだろう

 

 

帰路、青蓮院に立ち寄る。

f:id:Mitts:20210722160942j:plain

青蓮院の庭。秋にまた来よう。

 

「ライトハウス」監督ロバート・エガース at TOHOシネマズ西宮OS

www.imdb.com モノクロ、スタンダード、息苦しいまでの表現主義的構図という復古主義にイマ風爆音サウンドというコーディネート。

 データベースのスペックによるとカラー撮影からのデジタル変換ではなくモノクロ35ミリフィルムによる撮影。

 19世紀の末か、20世紀の初頭か。映画が始まってもなかなか国籍が分からないのだが、アメリカのどこかということが登場人物の服装で分かる。

 灯台守(ウィリアム・デフォー)のもとに赴任してきた助手(ロバート・パティンソン)。

 座ったソファの破れ目から人魚を象ったお守りのようなフィギュアを見つけ出す。

 人使いが荒い灯台守の指示に黙々と従う助手。酷い重労働だ。

 口汚く、面白みのない灯台守だが時に詩を呟く。一方カナダの森で暮らしていたという助手は寡黙で「規則だ」と酒も口にしない。たった二人きりの生活に息が詰まりそうになる助手はしばしば人魚の幻覚を見る。四週間で検査官が来て、次の助手と交代する約束が悪天候に阻まれてしまう‥‥そこから始まる無間地獄。

 特にサスペンスフルな何かが起きるわけでもないのに爆音でホラー映画調の劇伴をつけて脅すような演出。「死んだ船乗りの霊が乗り移っている」と言われる不気味な海鳥との残虐な闘い。19世紀の灯台守の生活の過酷さは伝わるものの、全体的にコケ脅しに見えて仕方がなかった。

 画は美しい。死骸も汚物もわんさか出て来るがそれとてアンダーコントロールされた表現主義を貫いていて潔い。

 エンドロールのSpecial Thanksにアリ・アスターの名前を見つける。

 

 

神戸市広報twitterに掲載されました「白羽弥仁の映画のミカタ」

次回は8月6日(金)第二夜「黒澤明と戦後映画史」です。