映画和日乗

映画、食、人。西に東に。

「秘密の森の、その向こう」監督セリーヌ・シアマ at シネリーブル神戸

www.imdb.com

 素晴らしい傑作「燃ゆる女の肖像」(2019)の監督セリーヌ・シアマ最新作。

 原題はPetite Maman、英語ではLittle Mama。

    冒頭、年老いた女性のアップ、クロスワードパズルに興じていると思いきや、パズルを解いているのは老女の手元にいる少女の方。やがて少女は老女に「さよなら」と告げ隣の部屋へ。そこにも年老いた女性。また「さよなら」と呟く少女。更に隣の部屋でも「さよなら」。どうやら介護施設のようだ。少女はもう一つ隣の部屋へ。若い女性の後ろ姿。彼女はベッドを片付けている。

 少女の祖母が亡くなったのだ。若い女性は少女の母親だろう。反復とズレ。もうここで映画的純度の高さに唸ってしまう。

 少女は両親に連れられて祖母が暮らしていた家を訪れる。しばらくここに滞在するようだ。紅葉した美しい自然の映える家。

 一人っ子の少女はひとり遊びに慣れていて、近所の森へと分け入って行く。家では何故か母親が夫と子を残して実家をあとにする。

 父と二人っきりの暮らしになった少女が森で出会ったのは、母と同じ名の、自分と瓜二つの少女。歳も同じ八歳。

 観ている者は森という太古の昔から妖気や殺気を孕む舞台装置がもたらす不思議な力にするっと引き込まれてしまい、出られなくなってしまう。

 ツイになった少女の動き、表情の愛らしさに魅せられ、少女の想念としての母親の過去が、あたかも冒頭のクロスワードパズルのように断片的に散りばめられるスリル。

 シルバーの取っ手のついた杖、「祖母の匂いが好き」という言葉。

 青いタイル、青いベッドカバー。家の中のシーンはセットを組んでの撮影だという。キャメラワークからの逆算で建て込まれているインテリアは、ワンシーンワンカットでもずっと観ていられる。

 時間など存在しない、母と娘が同じ歳で同じ空間に暮らしている想念の世界。この少女の美しさと愛らしさの溢れた閉じた時空間も、少女自らによって解き放たれる時が来る。一切劇伴音楽を使っていなかったのに突如鳴り響くエレクトリックサウンド、疾走するキャメラが追う二人の少女が漕ぐボート、少女の想念の象徴のような三角錐の建物。鳥肌が立つほど心揺さぶられた。

 二人の少女、双子なのは自明だがよくぞ見つけた。そしてよくぞその八歳の瞬間瞬間の輝きを引き出した、恐るべしセリーヌ・シアマ。

一切の無駄のない73分。傑作。

 

 

神戸市中央区三宮町3「蛸の壺」

r.gnavi.co.jp

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 白羽 弥仁 (@mittsshiraha)

「ヘルドッグス」監督・原田眞人 at 109シネマズHAT神戸

www.helldogs.jp

 畏兄原田眞人監督最新作。

既にこの次の作品が仕上がっていて、その撮影現場には顔を出させて貰った。本作を観て思うのは、私より15歳年上の原田さん、何でこんなに元気なんだろ、ということだ。

 原作は深町秋生の同名小説。

 原田監督のフィルモグラフィからすると2013年のローバジェットな「RETURN」以来の現代ものかつアクション。

 組織に潜入するアンダーカヴァー、その組織内の跡目争い、と枠組みが古めかしい話しの分、古い皮袋に新しい酒の如く細部に至るまで仕掛けている。

 美術部の功績なのか原田監督の日頃の探索からなのか、全日本廃墟建造物名鑑並みのロケセットの異様が素晴らしい。おそらくバブルではなくリーマン以降の新し目の廃墟。そこを舞台にしてのキレの良いアクションが見どころ。

 あまたアメリカ映画の引用は当然として不意に小津DVD BOXから拳銃の遊び。更には村上淳登場で「バウンス ko GALS」('97)のセルフパロディのセーラー服とインターナショナル。あの工業機械のような銃、ジョン・アーヴィン監督「戦争の犬たち」('80)で見たなぁ。

   ナイターロケが過半を占める(夜中じゅうやってたんだろうな)名実ともにノワール。 現場の汗と生傷が勲章の、映画づくりが生き甲斐な人の手の内フルコースを堪能。

「彼女のいない部屋」監督マチュー・アマルリック at シネリーブル神戸

www.imdb.com

 俳優としてのアマルリックは知性と茶目っ気が同居しているような魅力があり、ずっとご贔屓なのだが、本作は監督としての長編6作目。原作は戯曲だそうで、脚本はアマルリックが兼任している。

 原題は英訳で"Hold Me Tight"、私を抱きしめて、だが邦題はひねり過ぎの感あり。

 家庭の主婦と思しき女が寝静まった夫や二人の子供を残して車で出掛ける。妻が出て行った後の夫のイラだった態度からよくある主婦の出奔かと思いきや、時系列が戻る度におや、そうでもないぞと思い直す。

 が、突如仏独国境附近でドイツ語の観光ガイドとして働いているこの主婦クラリス(ヴィッキー・クリープス)は、些細なことで観光客に逆上する。

 これは認知症患者の視覚世界を描いた「ファーザー」(2020)のように、乖離性人格障害の患者の視覚世界なのか。

mitts.hatenadiary.jp

 クラリスはどうやら長くこのアルザス地方と思しきスキーリゾート地に滞在しているらしい。断片的に挟まれるある雪崩の遭難事件。

 クラリスが家に置き去りにして来たはずの子供たちはいつの間にか成長し(身も蓋もないが似た俳優が演じている)、不機嫌だった夫と楽しげに生活していて、引越しもする。

 見えて来た。クラリスは解離性人格障害に近いかも知れないが、起因する重大な喪失があっての行動だったのだ。そして彼女は現実世界に生きていない。彼女にしか見えない喪われた世界の中に生きている。

 魚屋の棚のクラッシュアイスに顔を突っ込んで失神するクラリス、一見心の病に起因しているかのような行動ですら伏線になっている巧妙。

 成る程、脚本の構成としてはユニークだ。全体のルックは煌めいていてとても美しい。が、多用されるジャンプカットや編集が凝り過ぎていて、わざと難解にしているとまでは思わないものの、際立つテクニックの主張がかえって喪失という主題を薄めてしまっているように思えた。