映画的日乗

映画、食、人。西に東に。

「悪名」監督・田中徳三 at 神保町シアター

1961年大映作品。依田義賢脚本、宮川一夫撮影、勝新太郎主演の大映京都撮影所最強の布陣。
昭和の初期か。ヤクザを嫌い、組織に組みせず喧嘩三昧。酒は飲まないが女に優しく、モテる。そんな八尾の朝吉(勝新太郎)にコテンパンにやられたヤクザ、モートルの貞(田宮二郎)。朝吉に惚れ込み舎弟を名乗り出る。松島遊郭の女郎(水谷良重)を足抜けさせる為、組織相手に大立ち回り…楽しい、面白い、かつてこんなに面白い映画があったのだとあらためて感じ入る。のちに実際の夫婦となる中村玉緒勝新に結婚の証文を書かせるおきゃんな可愛らしさ。当時大映社長の愛人とされた中田康子の手練手管ぶり、匂うような色気。山茶花究の情けなーい親分。そして後半登場して勝新をも食ってしまうド迫力の女親分、浪花千栄子。きりっと立ちまくっているキャラクターの描き分けが見事。

悪名 DVD-BOX

悪名 DVD-BOX

人気ブログランキングへ