映画的日乗

映画、食、人。西に東に。

「炎上」監督・市川崑 at 京都府文化博物館フィルムシアター

1958年大映作品。
フィルムの状態は決して良いものではないが、宮川一夫の奥行きの豊かなキャメラ、西岡善信の豪華なセットデザインなどは惚れ惚れする。二代目鴈治郎雷蔵への所作振る舞いはゲイ的であり極力抑えた演出になっているのは時代のせいか。反して障害者の容赦ないコンプレックス描写は今では不可能だろう。
聚閣寺(金閣寺)の、燃え尽きる際の火の粉の舞には陶然とさせられる。