映画的日乗

映画、食、人。西に東に。

「秋日和」監督・小津安二郎 at 大阪九条、シネヌーヴォ

小津安二郎生誕100年記念の特集上映。1960年作「秋日和」、初見は12、3年前か、
今は亡き銀座並木座で観た記憶がある。小津作品の中でも特に好きな1本。
岡田茉莉子の可愛さは空前絶後だ。超満員の観客はこの44年前の映画によく笑う。
よく観ると嫌みでお節介極まりない人々の物語なのだが。
終映後、その岡田茉莉子氏の御夫君であられる吉田喜重監督の講演。
 
何度か見聞きした吉田監督の「反復とズレ」論をあらためて生で伺うことが出来た。
最後に「皆さん、小津さんを愛して下さい」とおっしゃったのが印象的。
講演終了後、著書にサインして頂く。私が最も畏怖し、憧憬した映画監督、吉田喜重
握手もしてもらった。完全にいちファンと化す。

吉田喜重 変貌の倫理

吉田喜重 変貌の倫理